【夢授業】やってみたい!を仕事にしよう

夢授業で話すいせき。緊張。

先月10月21日に第一学院学院高等学校・秋田校の学生さんたちへ
夢授業ということで、講演してきました。

授業前、先生よりご依頼をいただいてから、私自身
何が話せるだろう・・・と、う~ん、と考えました。

進路に悩むことの多い、高校生のみなさんに
少しでも何か良いヒントに気づいたり、
前向きな心になってもらえればいいな。

そんな気持ちから、
「やってみたい!を仕事にしよう」というテーマで
話してきました。
私自身、小学生の頃にイラストレーターになりたいと思い
ずっとその夢が心の片隅にありつづけてきましたが
実際に社会に出るまで、本業で働いている人の声を
聞くことはほとんどありませんでした。

不安や、悩みが生まれるとき、
正しい情報が不足していたり、
変に知識が偏っていることが多いように、
私自身思っています。
そのため、キレイ事だけでなく、また辛い面だけでもなく
私のありのままの進路選択と
現在の仕事内容について話してきました。

授業中。

授業中のみんなの眼差しはとっても真剣で、
すごく嬉しかったです。

授業最後には、サプライズゲスト!
シンガーソングライターの渡部絢也さんとの
コラボレーションライブも披露させていただきました。
歌は「平気さなんてうそぶいて」。
不安を抱えつつも、自分に向けてエールを送りながら
進んでいく、という力強い歌です。
その1曲に合わせて、私はチンアナゴの「もひちん」が
「平気さ」と言いながら、笑顔で、ふんぞり返っている
その背後に魚が迫ってくるという絵を描きました。

コラボレーションライブ

授業後にみんなで記念写真もパチリ。
「ちんあなごのうた」ぬいぐるみも、みんなに可愛がってもらいながら
笑顔で肩を並べて撮影できた、あのひとときの
とてもあたたかな気持ちが忘れられません。

1時間弱、長い時間、真剣に話を聞いてくれて
本当にありがとう。
そして、キャンパス長・講師の先生方、この日のために
とってもかわいらしいデコレーション&ご準備をいただき
皆さんへお話する機会を頂戴しましたこと、
心から感謝申し上げます。

**********************************************************

後日郵送で、皆からの感想受け取りました。
「まだまだ可能性に満ちたみんなに、
今の段階では、大きく夢を描いて欲しい」
そんな私の思いを、ちゃんと受け止めてくれた皆からの感想は
とても瑞々しく、したたかな強さを感じさせる、希望に溢れたものでした。

思わず一つ一つ、読みながら、みんなの顔を思い出して号泣……。

話を深く聞いてくれ、自分なりの答えを出してくれた生徒さんたちに、
私自身も元気を貰いました。

みんなの中にある、「やってみたい!」「ワクワクする」
そんな気持ちが、可能性を広げ
楽しい未来を作り出していくことを、願っています。